スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Money」「Practice」「Time」

パスコ先生練習
ヴィクター・カン先生から指導を受ける若き日のパスコ先生

私が練習を始めた頃、練習の終わりに座らされてパスコ先生から話を聞かされました。
詠春拳を修得するためには三つの要素が必要になると。
その三つとは即ち「金」「練習」「時間」です。
パスコ先生もヴィクター・カン先生から練習始めるときに同じ話を聞かされたそうです。

「Money」

お金は練習料金ですね。基本料金は1レッスン2000円です。
年会費や昇段審査の料金、段位登録料といった料金は必要ありませんが、
レッスンがエクストラステージに突入すると内弟子的な扱いになるので、
そこで追加料金は必要になってきます。そこまでにゆっくり貯金しておきましょう。

「Practice」

練習は当たり前ですが必要になります。
道場で正しい動きを学び、自分で詠春拳を練習していくことです。
正しい動き身につけるのは簡単なようで難しいことですので粘り強く学びましょう。

「Time」

正しい動きを覚えたら動きの精度を上げることが大切です。
動きをざっと覚えてコピーするだけならば5分でお終いです。
しかし覚えた動きを自分のものにするには練習を繰り返していくしかありません。
練習を繰り返して自分を磨きあげていきます。

「詠春拳は誰でも簡単に出来ます」といったことをこれまで書いてきました。
誰でも簡単に入口を入ることはできますが、その先については大変な長い道が待っています。
それでもやってみようと思ったら、ぜひ参加してみてください。
ただ、すべての人間が最後まで学ぶ必要がなく自分の学べるところまで学んでみようという形でも構わないのですけれどもね。

ランキングに参加してます。クリックしてくださるとやる気が続きます。よろしくお願いします。 にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ にほんブログ村 中国武術 ブログランキングへ

タグ:パスコ先生の話 よくある質問
スポンサーサイト

☞ 関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。