スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人でパクサオ練習(動画見たい人は相談)

渡辺と福田を指導中
当初は「構え」と「パクサオ」を解説している動画がありましたが、
諸般の事情で公開は取りやめになりました。
練習のために動画を見たい人は連絡ください。
個別に対応いたします。


二人一組でパクサオの練習を紹介します。
動画は構えの解説とパクサオの解説の二部構成です。
とても情報量が多いので本来はそれぞれ別の動画で紹介したいところですが、
撮影のながれでこのような形になりました。
機会があれば改めて紹介しなおすかもしれませんね。

パクサオについて


基本的なポイント説明していきます。
パクサオは相手の攻撃を掌を使って安全にそらします。
これはパクサオの基本的な使い方です。
もちろん、詠春拳の腕前が上がれば防御と同時に崩したり、
相手の動きはじめをストッピングしたり、トラッピングのきっかけにしたりと
いろいろな使い方が展開されます。

オンガード(構え)


二人一組の練習は一人が攻撃側、一人が防御側になります。
パクサオは防御の練習なので、防御側の説明が中心になります。
防御側はまず正しいオンガードのポジションをとらなくてはなりません。
今回アップした動画の前半パートになります。
中心をしっかり守るための構えが大切です。
オンガードがしっかりできていないとパクサオをしっかりと練習できません。
注意深く自分のポジションを意識しましょう。

パクサオの動き


オンガードがしっかりできたら実際にパクサオの練習に移りましょう。
動画の後半パートです。
攻撃側は相手の鼻をめがけてストレートパンチを打ちます。
当たらないぐらいの距離でパンチしましょう。
防御側はこのパンチをタイミングよくパクサオで自分の体の外側まではずします。
タイミング、パクサオを当てる部位など一つ一つを丁寧に意識して練習します。
はじめはスピードもゆっくりと、正確さを重視して繰り返します。

練習の種類


今回の動画では一回ずつ練習しています。
慣れてきたら二回連打、三回連打…打つ側が任意の回数をランダムで連打といった回数を増やすパターンをはじめ、
相手の腕の外側からのパクサオだけでなく、腕の内側にパクサオしたりとバリエーションが増えていきます。
パクサオは咄嗟の時にも自然に出やすい動きなのでまずはしっかりと身につけたいところです。

問い合わせなどはお気軽にメールください。

pd.vingtsun@ gmail.com


ランキングに参加してます。
クリックしてくださるとやる気が続きます。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

 
中国武術 ブログランキングへ
スポンサーサイト

☞ 関連記事

スパーリング練習はじまりました。その2(動画付)

皆さん、スパーリングをよちよち歩きから始めるわけです。
ここまで練習した詠春拳の基本的な動きを使って動くわけですが、なかなか上手くいかないとイライラ感とかが溜まっていきます。そこで詠春拳の動きをはずれた動きをしていまうとスパーリングの練習が無意味になってしまいます。ここをがんばって詠春拳の理屈にそった形でスパーリングを練習していきましょう。
小念頭指導中
先生と一緒に小念頭を練習中

小念頭

詠春拳の基本的な動きは始めに練習した小念頭のなかにすべて含まれています。
パンチ、パクサオ、タンサオ、ウーサオ、ガンサオ、ボンサオ…。
キックは並行して練習しておきますが、この基本的な動きを組み合わせて戦います。
回し蹴りやフックパンチみたいなものはここでは使いませんので気を付けましょう。
あと先に話をすると小念頭は詠春拳の奥義だそうですよ。がんばって練習を積み重ねて小念頭の精度を上げていきましょう。基本が奥義と言うことです。

ジークンドー

基本的な動きを組み合わせた上でどういった動きを目指すのか?を少し説明しておきます。
詠春拳の重要な戦術はインターセプトです。
相手の攻撃を迎撃、利用してカウンター攻撃を狙います。
ここで前回説明したスパーリングの二つの目的に戻ります。
インターセプト、カウンターのためには重要な項目が「距離」「タイミング」とういうことです。
この戦術のことを広東語で「ジークンドー(Jeet Kune Do)」と呼びます。
どこかでこの言葉を聞いたことがありますね。
ブルース・リーは自身が創設したマーシャルアーツを「ジークンドー」と名付けました。
詠春拳と戦術的コンセプトは同じものを目指していると言うことですね。

そういったわけで、練習の目的の先にあるものを念頭において
現在学ぶべき「もの」や「こと」に集中してがんばっていきましょう。

前回の動画で歩き始めた若い練習生が練習を重ねてもう少し動けるようになったスパーを見てみます。
彼の動きの質は向上してきていると言えます。
チェーンパンチなどの連打を混ぜて使えば不慮のハプニングからもそれなりに身を守る状態になってきました。
今回は先生の指導的な動きも今後の参考なっていくので貴重な経験になりますね。 ランキングに参加してます。


クリックしてくださるとやる気が続きます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ にほんブログ村 中国武術 ブログランキングへ

タグ:レッスン内容 詠春拳とは 練習について
☞ 関連記事

スパーリング練習始まりました。その1(動画付)

昨年末に道場を開設してから約半年。
道場オープンから参加した練習生が夏休み前からスパーリングの練習を始めました。
今回はスパーリングの練習について紹介します。
渡辺と福田を指導中
【詠春拳の構えでポイントを解説】


ライトスパーリング

スパーリングと一言で言いましても「フルコンタクト」から「寸止め」まで色々な種類があります。
ここでは「ライトスパー」という軽くタッチする形のスパーリングで練習します。
なぜライトスパーリングなのかというと、次の二つの大きな目的があるからです。

二つの目的

ここで練習生が学ぶべきことは「距離」と「タイミング」です。
詠春拳は非常に狭い間合いで戦います。
この間合いに入るために相手との距離が重要です。
自分の攻撃が届く距離、相手の攻撃が届く距離、詠春拳の戦術が生きるベストな距離…。
この距離感を養います。

タイミングも大切な要素です。相手と自分の距離が重なったときに適切なタイミングで攻撃、防御を行います。さらに詠春拳が生きる距離まで近づくために動き出すタイミングなどをスパーで学びます。

この二つが目的なので軽く当てるだけのライトスパーリングを練習方法として採用しています。
相手を殴り倒すことが目的ではないので、強打をガンガン当てたり、反撃させない連打を撃ち込み続ける必要はありません。ケガの可能性を低くして効率的に目的を達成していきましょう。

以上の目的を踏まえた上で、武道、格闘技の未経験者が初めてスパーするとこういう感じのところからスタートします。パスコ先生は「赤ちゃんのよちよち歩き」状態と言います。ここから段々とレベルをあげていくことになります。参考に未経験者同士による初めてのスパー動画を置いておきます。



スパーリングの話は続きます。

ランキングに参加してます。クリックしてくださるとやる気が続きます。よろしくお願いします。 にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ にほんブログ村 中国武術 ブログランキングへ

タグ:レッスン内容 詠春拳とは 練習について
☞ 関連記事

色々な練習生がいます!

DSC_1296r.jpg

2015年末に道場を開設して以来、何人もの練習生が参加してくれています。
現在の練習生の構成は10代から50代まで幅広い年齢です。
空手歴20年の経験者もいれば、野球選手や自転車乗り、スポーツ歴のないおじさんまで。
みんな同じように一生懸命、楽しんで練習に取り組んでいます。

映画で詠春拳に興味を持っていた。
ブルース・リーが好きだった。
身体の強さだけではない動きを知りたかった。
拳児で中国武術に憧れた…色々な理由で道場の門を叩いています。

現在も男性、女性、大人、子どもと色々な方達から
無料体験、見学の連絡もいただいています。

興味のある方は体験、見学にきてださい。
今は同期の練習生が多いので、みんなのレベル差が少ない状態で練習を始められます。
そのため無理なく詠春拳を学んでいけると思います。

【写真】練習が終わって、練習生はホッと一息

問い合わせや見学希望などはお気軽にメールください。

pd.vingtsun@ gmail.com



ランキングに参加してます。クリックしてくださるとやる気が続きます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

中国武術 ブログランキングへ
☞ 関連記事

はじめての練習は?

見学や体験を経て入門となった生徒はどんなことから練習を始めるか?
動画を交えて少し紹介します。

まず詠春拳のもっとも基本的な立ち方を覚えて練習します。
リラックスしてまっすぐ立つ。その姿勢の指導を受けます。


そしてバランスよくまっすぐ立つことの大切さを先生が一つの実例を交えて解説します。


次に詠春拳の基本的なパンチ(直拳)、パーム(掌)の打撃を練習します。


基本の形は今後の練習においても重要なポイントになります。形を正しく身に着けるために初めは動画のようにゆっくり丁寧に繰り返すことになります。

問い合わせなどはお気軽にメールください。

pd.vingtsun@ gmail.com



ランキングに参加してます。クリックしてくださるとやる気が続きます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

中国武術 ブログランキングへ
☞ 関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。