「Money」「Practice」「Time」

パスコ先生練習
ヴィクター・カン先生から指導を受ける若き日のパスコ先生

私が練習を始めた頃、練習の終わりに座らされてパスコ先生から話を聞かされました。
詠春拳を修得するためには三つの要素が必要になると。
その三つとは即ち「金」「練習」「時間」です。
パスコ先生もヴィクター・カン先生から練習始めるときに同じ話を聞かされたそうです。

「Money」

お金は練習料金ですね。基本料金は1レッスン2000円です。
年会費や昇段審査の料金、段位登録料といった料金は必要ありませんが、
レッスンがエクストラステージに突入すると内弟子的な扱いになるので、
そこで追加料金は必要になってきます。そこまでにゆっくり貯金しておきましょう。

「Practice」

練習は当たり前ですが必要になります。
道場で正しい動きを学び、自分で詠春拳を練習していくことです。
正しい動き身につけるのは簡単なようで難しいことですので粘り強く学びましょう。

「Time」

正しい動きを覚えたら動きの精度を上げることが大切です。
動きをざっと覚えてコピーするだけならば5分でお終いです。
しかし覚えた動きを自分のものにするには練習を繰り返していくしかありません。
練習を繰り返して自分を磨きあげていきます。

「詠春拳は誰でも簡単に出来ます」といったことをこれまで書いてきました。
誰でも簡単に入口を入ることはできますが、その先については大変な長い道が待っています。
それでもやってみようと思ったら、ぜひ参加してみてください。
ただ、すべての人間が最後まで学ぶ必要がなく自分の学べるところまで学んでみようという形でも構わないのですけれどもね。

問い合わせなどはHPの応募フォームからお気軽に連絡ください。
パスコ・デヴィッド詠春拳教室HPはこちら

ランキングに参加してます。クリックしてくださるとやる気が続きます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

中国武術 ブログランキングへ

タグ:パスコ先生の話 よくある質問

tag : 詠春拳について よくある質問 パスコ先生の話

2016-08-21 19:00 : パスコ先生の話 : コメント : 0 :

スパーリング練習はじまりました。その2(動画付)

皆さん、スパーリングをよちよち歩きから始めるわけです。
ここまで練習した詠春拳の基本的な動きを使って動くわけですが、なかなか上手くいかないとイライラ感とかが溜まっていきます。そこで詠春拳の動きをはずれた動きをしていまうとスパーリングの練習が無意味になってしまいます。ここをがんばって詠春拳の理屈にそった形でスパーリングを練習していきましょう。
小念頭指導中
先生と一緒に小念頭を練習中

小念頭

詠春拳の基本的な動きは始めに練習した小念頭のなかにすべて含まれています。
パンチ、パクサオ、タンサオ、ウーサオ、ガンサオ、ボンサオ…。
キックは並行して練習しておきますが、この基本的な動きを組み合わせて戦います。
回し蹴りやフックパンチみたいなものはここでは使いませんので気を付けましょう。
あと先に話をすると小念頭は詠春拳の奥義だそうですよ。がんばって練習を積み重ねて小念頭の精度を上げていきましょう。基本が奥義と言うことです。

ジークンドー

基本的な動きを組み合わせた上でどういった動きを目指すのか?を少し説明しておきます。
詠春拳の重要な戦術はインターセプトです。
相手の攻撃を迎撃、利用してカウンター攻撃を狙います。
ここで前回説明したスパーリングの二つの目的に戻ります。
インターセプト、カウンターのためには重要な項目が「距離」「タイミング」とういうことです。
この戦術のことを広東語で「ジークンドー(Jeet Kune Do)」と呼びます。
どこかでこの言葉を聞いたことがありますね。
ブルース・リーは自身が創設したマーシャルアーツを「ジークンドー」と名付けました。
詠春拳と戦術的コンセプトは同じものを目指していると言うことですね。

そういったわけで、練習の目的の先にあるものを念頭において
現在学ぶべき「もの」や「こと」に集中してがんばっていきましょう。

前回の動画で歩き始めた若い練習生が練習を重ねてもう少し動けるようになったスパーを見てみます。
彼の動きの質は向上してきていると言えます。
チェーンパンチなどの連打を混ぜて使えば不慮のハプニングからもそれなりに身を守る状態になってきました。
今回は先生の指導的な動きも今後の参考なっていくので貴重な経験になりますね。



問い合わせなどはHPの応募フォームからお気軽に連絡ください。
パスコ・デヴィッド詠春拳教室HPはこちら

ランキングに参加してます。
クリックしてくださるとやる気が続きます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ にほんブログ村 中国武術 ブログランキングへ

タグ:レッスン内容 詠春拳とは 練習について

tag : 詠春拳について レッスン内容 練習について

2016-08-14 19:00 : レッスン内容 : コメント : 0 :

スパーリング練習始まりました。その1(動画付)

昨年末に道場を開設してから約半年。
道場オープンから参加した練習生が夏休み前からスパーリングの練習を始めました。
今回はスパーリングの練習について紹介します。
渡辺と福田を指導中
【詠春拳の構えでポイントを解説】


ライトスパーリング

スパーリングと一言で言いましても「フルコンタクト」から「寸止め」まで色々な種類があります。
ここでは「ライトスパー」という軽くタッチする形のスパーリングで練習します。
なぜライトスパーリングなのかというと、次の二つの大きな目的があるからです。

二つの目的

ここで練習生が学ぶべきことは「距離」と「タイミング」です。
詠春拳は非常に狭い間合いで戦います。
この間合いに入るために相手との距離が重要です。
自分の攻撃が届く距離、相手の攻撃が届く距離、詠春拳の戦術が生きるベストな距離…。
この距離感を養います。

タイミングも大切な要素です。相手と自分の距離が重なったときに適切なタイミングで攻撃、防御を行います。さらに詠春拳が生きる距離まで近づくために動き出すタイミングなどをスパーで学びます。

この二つが目的なので軽く当てるだけのライトスパーリングを練習方法として採用しています。
相手を殴り倒すことが目的ではないので、強打をガンガン当てたり、反撃させない連打を撃ち込み続ける必要はありません。ケガの可能性を低くして効率的に目的を達成していきましょう。

以上の目的を踏まえた上で、武道、格闘技の未経験者が初めてスパーするとこういう感じのところからスタートします。パスコ先生は「赤ちゃんのよちよち歩き」状態と言います。ここから段々とレベルをあげていくことになります。参考に未経験者同士による初めてのスパー動画を置いておきます。



スパーリングの話は続きます。

ランキングに参加してます。クリックしてくださるとやる気が続きます。よろしくお願いします。 にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ にほんブログ村 中国武術 ブログランキングへ

タグ:レッスン内容 詠春拳とは 練習について

tag : 練習について 詠春拳とは

2016-08-07 19:00 : レッスン内容 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

机龍之介

Author:机龍之介
山梨にある詠春拳教室の弟子・机龍之介(アイコン左)です。
初級指導員の机が詠春拳、パスコ先生、教室を紹介しています。
問い合わせ、参加希望などはメールをください。
パスコ・デイヴィッド詠春拳教室HPから連絡

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサードリンク