スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人でパクサオ練習(動画見たい人は相談)

渡辺と福田を指導中
当初は「構え」と「パクサオ」を解説している動画がありましたが、
諸般の事情で公開は取りやめになりました。
練習のために動画を見たい人は連絡ください。
個別に対応いたします。


二人一組でパクサオの練習を紹介します。
動画は構えの解説とパクサオの解説の二部構成です。
とても情報量が多いので本来はそれぞれ別の動画で紹介したいところですが、
撮影のながれでこのような形になりました。
機会があれば改めて紹介しなおすかもしれませんね。

パクサオについて


基本的なポイント説明していきます。
パクサオは相手の攻撃を掌を使って安全にそらします。
これはパクサオの基本的な使い方です。
もちろん、詠春拳の腕前が上がれば防御と同時に崩したり、
相手の動きはじめをストッピングしたり、トラッピングのきっかけにしたりと
いろいろな使い方が展開されます。

オンガード(構え)


二人一組の練習は一人が攻撃側、一人が防御側になります。
パクサオは防御の練習なので、防御側の説明が中心になります。
防御側はまず正しいオンガードのポジションをとらなくてはなりません。
今回アップした動画の前半パートになります。
中心をしっかり守るための構えが大切です。
オンガードがしっかりできていないとパクサオをしっかりと練習できません。
注意深く自分のポジションを意識しましょう。

パクサオの動き


オンガードがしっかりできたら実際にパクサオの練習に移りましょう。
動画の後半パートです。
攻撃側は相手の鼻をめがけてストレートパンチを打ちます。
当たらないぐらいの距離でパンチしましょう。
防御側はこのパンチをタイミングよくパクサオで自分の体の外側まではずします。
タイミング、パクサオを当てる部位など一つ一つを丁寧に意識して練習します。
はじめはスピードもゆっくりと、正確さを重視して繰り返します。

練習の種類


今回の動画では一回ずつ練習しています。
慣れてきたら二回連打、三回連打…打つ側が任意の回数をランダムで連打といった回数を増やすパターンをはじめ、
相手の腕の外側からのパクサオだけでなく、腕の内側にパクサオしたりとバリエーションが増えていきます。
パクサオは咄嗟の時にも自然に出やすい動きなのでまずはしっかりと身につけたいところです。

問い合わせなどはお気軽にメールください。

pd.vingtsun@ gmail.com


ランキングに参加してます。
クリックしてくださるとやる気が続きます。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

 
中国武術 ブログランキングへ
スポンサーサイト

☞ 関連記事

Enter the Dragon!

背中ロゴ

年初めブルース・リー!
燃えよドラゴンが1月6日に放映されます。
詠春拳を練習している皆さんはブルース・リーの動きを見てみると、
「あ、詠春拳で練習してるあの技と一緒だ」「この動きは見たことある」などという感じになるかもしれません。

練習生以外の方たちも詠春拳を始めてみると、いずれはブルース・リーと同じようなことができるようになります(たぶん)。

2017年の始まりは、みんなでブルース・リーをみて詠春拳を練習しよう!

テレビ東京の午後のロードショー
2017年1月6日(金)午後1時半~
http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/?trgt=2017010613500000
詳細は上記のテレ東HPにて

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。